Vol.179美唄店

親が亡くなったので、実家の売却をしたい。

【お客様の背景】

■売買の別:売却
■氏名:K・N様
■年代:60代
■ご職業:年金受給者

■お住まいの地域:札幌市
■ご相談の地域:美唄市
■売却理由:相続
■お問合せ方法:チラシ

【ご相談内容】

両親が亡くなり使用しなくなった戸建が美唄にある。
自身は札幌に持ち家を所有しており使用する予定が無いため売却したいが、荷物もそのまま残っていて出来れば一周忌が過ぎてから時間を掛けずに売りたい。
どうしたら良いか。

【ご提案した解決策】

訪問査定時にお客様のご不明点、希望などを聞き取りし仲介と買取両方でご提案させて頂きました。
売り主様の懸念要素である残置物の処理、販売時期、販売期間を考慮し当社での買取(荷物撤去不要、契約時期を売り主様希望のタイミングで行うことが可能、即現金化)が合致し、大変喜んで頂けました。
販売時期や荷物のお悩みなどもお気軽にイエステーションまでご相談下さい。

【担当営業として大切にした要点】

お客様自身がどのようにお考えかしっかりと聞き取りし、その上で仲介と買取のそれぞれの特徴をなるべく専門用語を使用せずにお伝えすることを意識し、ご不安がないようにお話させて頂きました。

著者
親が亡くなったので、実家の売却をしたい。

美唄店 小河 利也特に担当している岩見沢東部、三笠市、美唄市、奈井江町は地元という事もあり、細かな対応に自信があります。 不動産売買仲介のみならず、買取、賃貸仲介、管理等不動産に関する事はどのような事でもご相談ください。どうぞ宜しくお願いします。

この担当者がいる店舗のページ
  • 相続し利用していない土地をなんとかしてほしい。
不動産売却の手引き
PDFダウンロード
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード