Vol.089江別店

遺贈された土地を処分したい。

【お客様の背景】
■売買の別:売却
■氏名:E・H様
■年代:60代
■ご職業:自営業
■お住まいの地域:大阪府
■ご相談の地域:江別市
■売却理由:資産処分
■お問合せ方法:ネット

【ご相談内容】

ご兄弟から遺贈された土地を所有しているが、遠方(道外)に住んでいるので管理も出来ないし、持っていても仕方がない。
ストリートビューを見ると誰かが家庭菜園として使ってるようだ。この様な状態でも売却する事は出来ますか?

【ご提案した解決策】

早めに処分したいとのことでしたが、遠方に住んでおり現地の確認ができないので、当社で出来る事はさせていただいたところ、実際家庭菜園されている形跡があり、ご近所の方が使っていた事と、境界石の有無を確認して境界石が有った事等、今の現状をお伝えしました。
売土地として看板を建てておけば、勝手に家庭菜園をされることも無くなります。
遠方にお住まいで管理が出来なくてお困りの方でも、先ずはお気軽にご相談下さい。
著者
遺贈された土地を処分したい。

江別店 寺杣 友紀出身は和歌山県ですが、生まれは札幌です。前職は自動車の営業をしておりました。不動産業界は全くの未経験で不慣れなことだらけですが、早く仕事を覚えてお客様のお役に立てれるよう努めます。精一杯頑張りますので宜しくお願い致します。

この担当者がいる店舗のページ
  • 自分の勤務地・子供の保育園に近いマンションを探...
不動産売却の手引き
PDFダウンロード
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード