Vol.266江別店

賃貸中の自宅を売却したいが、遠方在住のため手続きの仕方がわからない。

【お客様の背景】
■売買の別:売却
■氏名:Y・S 様
■年代:50代
■ご職業:会社員・公務員

■お住まいの地域:神奈川県
■ご相談の地域:南幌町
■売却理由:その他
■お問合せ方法:ネット

【ご相談内容】

住んでいた自宅を、約10年以上賃貸で貸しています。今道外に住んでいて、管理も出来ない状態なので売却したいです。居住者の方が買ってそのまま住みたいと言っていますが、どういう風に進めたらよいかわかりません。

【ご提案した解決策】

遠方に住んでいることもあり、まずは机上査定(近隣の販売事例、成約事例を基に価格を算出する方法)を作成し提示致しました。その後、居住者の方と打ち合わせの上、訪問査定を行ない、正確な価格を算出させていただきました。今住んでいる方がそのまま住みたいとの事でしたので、個人間売買も可能ではありますが、住宅ローンを組む場合は銀行に提出する契約書等の書類が必要になる為、仲介に入って、お手伝いすることになりました。

【担当営業として大切にした要点】

遠方の為、電話とメールでのやりとりになりましたが、こまめに連絡と取り、相談内容をきちんと聞き取りしたことで、お客様も安心されたようです。

著者
賃貸中の自宅を売却したいが、遠方在住のため手続きの仕方がわからない。

江別店 寺杣 友紀出身は和歌山県ですが、生まれは札幌です。前職は自動車の営業をしておりました。不動産業界は全くの未経験で不慣れなことだらけですが、早く仕事を覚えてお客様のお役に立てれるよう努めます。精一杯頑張りますので宜しくお願い致します。

この担当者がいる店舗のページ
  • 相続した古家を処分したい
不動産売却の手引き
PDFダウンロード
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード