Vol.075札幌北店

親から相続した戸建てを売却したい。

【お客様の背景】
■売買の別:売却
■氏名:Y・O様
■年代:60代
■ご職業:無職

■お住まいの地域:札幌
■ご相談の地域:札幌
■売却理由:お買い替え
■お問合せ方法:インターネット

【ご相談内容】

兼ねてより病気で入院されていた親御さんがお亡くなりになり、遠方(本州首都近辺)にお住いの兄弟が不動産を相続することになりました。
相続の手続きは滞りなく行えましたが、相続した物件は、売主のお二人が独立してから終の住みかとして親御さんが購入したもので、土地勘も馴染みもない立地。それぞれすでにお住いの不動産を所有していたこともあり、今後使用することのない状況でした。
また、入院してそのままお亡くなりになったため、当時生活していたままの荷物が残された状態で、遠方にお住いのため、頻繁に物件に足を運ぶこともできず、整理、処分をどのようにすればよいのかが一番の悩みでした。

【ご提案した解決策】

インターネットからお問い合わせをいただき、遠方にお住いの状況でしたので、最初はお電話、メールなどで査定の流れなどの説明をさせていただきました。
また、実際に物件を見ていない状況でしたが、建物の築年数、土地の広さ、周辺の売却事例などから、おおよその査定金額及び、売却した場合にかかる経費の計算を致しました。
当社では不動産の即金買取を提携会社にて行っていますので、通常販売(仲介)の場合と、買取の場合ではどのような違いがあるのか、メリット・デメリットを含めてお話しさせていただきました。
後日、現地にてお会いし、実際に建物の状況を確認しての査定を行いました。

今回のケースでは、思い出の品など必要なものを除いても、処分したい荷物が多い状況でしたので荷物撤去費用が大きくかかることが予想されました。
提携会社での買取の場合、荷物撤去費用およびそのほかの売却費用(測量、登記、今回は使用しませんでしたが相続費用など)は、買主負担という内容でしたので、その分売却経費の負担が減り、不動産の査定金額に差はありましたが、結果として、売主様は買取を選択されました。

荷物撤去費用の他にも、不動産会社に売却するメリットとして、契約不適合責任(売却後に例:雨漏りが発生した などのトラブルに対する売主責任)が免責される点があり、実際に住んでいた家ではないため、後々のことを検討して買取を選ばれました。

 

著者
親から相続した戸建てを売却したい。

札幌北店 蛸星 香奈実日々、お客様とのふれあいを通じて、新たな発見ができることを楽しみながら仕事をしています。 ご売却、ご購入に限らず、お住まいでお悩みのことがありましたら何でもご相談ください! 過去の経験や知識を活かし、お客様の希望をかなえられるよう、より良い提案をさせていただきます。どうぞ宜しくお願いいたします。

この担当者がいる店舗のページ
  • 空き家になった実家を売却しようと検討している。
不動産売却の⼿引き
PDFダウンロード
住まいの売却完全ガイド
PDFダウンロード