不動産売却のコツ2022.02.08

不動産売却で不動産会社の変更は可能?タイミングや注意点をチェック!

こんにちは!
イエステーション北章宅建 美唄店の小河です。

不動産の売却は不動産会社に依頼するのが一般的ですが、「なかなか売却できない」「担当者と合わない」などの理由で、不動産会社を変更したくなってしまうというケースも。

売却活動中に不動産会社を変更することはできますので、安心してくださいね。
ただし、不動産会社を変更する場合は、注意も必要です。

今回のコラムでは、不動産売却で不動産会社を変更する際に知っておいてほしい点を中心にお話しします。
失敗なくスムーズに不動産売却を進めるためにも、ぜひ知っておいてくださいね。

 

不動産会社の変更は可能!変えるタイミングとは

不動産売却を依頼している不動産会社を変更するのは、不動産売買契約を結ぶ前なら基本的に可能です!

「不動産売却が思ったように進まないから、不動産会社を変更して仕切り直したい」と思うなら、変更しても問題ありません。
不動産会社に支払う仲介手数料は成功報酬ですから、売却につながっていなければ費用なども発生しません。

ただし、不動産売買契約の締結までには至っていなくても、すでに不動産の買主を見つけて話を進めている段階では不動産会社の変更ができないことも。
このタイミングで無理に不動産会社を変更すると、トラブルになってしまう可能性があります。

不動産会社の変更をスムーズに進めるには、不動産会社との媒介契約の期間に注意を。
媒介契約とは、不動産会社に不動産売却を依頼するための契約で、契約内容によって一般媒介契約、 専任媒介契約、専属専任媒介契約の3種類があります。

専任媒介契約、専属専任媒介契約の契約期間は最長3カ月で、複数の不動産会社と同時に媒介契約を結ぶことはできません。
媒介契約の期間満了のタイミングを待って、媒介契約が終了してから不動産会社を変更しましょう。

一般媒介契約の契約期間は法律による定めがありませんが、こちらも3カ月が一般的です。
ただし、一般媒介契約は同時に複数の不動産会社と契約を結ぶことも可能です。

 

不動産会社を変更する際の注意点もチェック

不動産会社の変更は媒介契約の期間満了のタイミングがベターですが、特別な理由があれば媒介契約期間中に変更することも可能です。
「売却活動を積極的にやってくれない」「担当者が信用できない」といった理由から、契約満了を待たずに早く解約したいと考える方もいるでしょう。

ただし媒介契約期間中の解約では、違約金が発生する場合もあるので注意を。
売却活動にかかった広告費を請求されるケースなどもあるので、契約書をよくチェックしておきましょう。

また、同じ不動産を売却するのに不動産会社を何度も変えると、不動産業界内で「出回り物件」と呼ばれてしまうことも。
「複数の不動産会社に依頼しても売れないなんて、何か売れない理由があるのでは?」と思われて売れにくくなってしまうことがあります。

さらに、不動産会社を変更するたびに必要書類を提出して、打ち合わせをして……というのも負担が大きいものです。
何度も不動産会社を変更していると、その分だけ売却に時間がかかってしまいます。
変更する不動産会社は慎重に選びましょう。

 

不動産会社を変更する流れも確認!

不動産売却で不動産会社を変更する際の流れは、以下のようになります。

媒介契約期間満了→更新しない→新しい不動産会社と媒介契約を結ぶ

専任媒介契約、専属専任媒介契約の場合は契約期間は最長3ヵ月で、自動更新されることはありません。
更新をしない場合の手続きは、契約満了時に不継続の意思を伝えるだけで完了です。

一般媒介契約は複数の会社と同時に媒介契約を結ぶことも可能なので、現在の媒介契約が満了する前に新しい不動産会社と契約を結ぶこともできますよ。

不動産のスムーズな売却には、不動産会社の力も大きく影響します。
内覧希望が極端に少ない、3カ月たっても売却できない、担当者を信用できないといった場合には、不動産会社の変更も検討してみましょう。

不動産会社は、それぞれ得意分野も異なります。
ご自身の売却したい不動産の特徴にあわせて不動産会社を選ぶことも大切です。

不動産会社の選び方については、下記のコラムでも詳しくお話ししておりますので、あわせて参考にしてみてくださいね!
不動産会社選びが成功のカギ!家を売却するための選び方ポイント

 

まとめ

●不動産会社の変更は可能!媒介契約満了のタイミングでスムーズに
不動産売却を依頼する不動産会社を変更することは可能です。売買契約につながっていなければ仲介手数料なども発生しません。不動産会社との媒介契約の期間満了を待って変更するのがスムーズです。

●不動産会社を変更する際の注意点
不動産会社との媒介契約を契約期間中に解約すると、違約金が発生することがあるので注意を。また、不動産会社を何度も変更すると「何か売れない理由があるのかも?」と思われて、売れにくくなってしまうこともあります。不動産会社を何度も変更することは手間がかかりますし、その分売却に時間もかかってしまうため、不動産会社選びは慎重に行いましょう。

●不動産会社を変更する流れ
不動産会社を変更するときは、媒介契約の期間を満了し、更新を断ってから新しい不動産会社と媒介契約を結びましょう。一般媒介契約では複数の不動産会社と同時に契約も可能ですので、媒介契約の期間中に別に不動産会社と契約もできます。

 

北章宅建は、不動産に関するご相談を全て無料で対応しています。
空き家に関する相談や無料査定、相続問題など、どんなことでもお気軽にご相談ください!

家を売るなら不動産売却相談 家を売るなら不動産売却相談
著者
不動産売却で不動産会社の変更は可能?タイミングや注意点をチェック!

美唄店 小河 利也特に担当している岩見沢東部、三笠市、美唄市、奈井江町は地元という事もあり、細かな対応に自信があります。 不動産売買仲介のみならず、買取、賃貸仲介、管理等不動産に関する事はどのような事でもご相談ください。どうぞ宜しくお願いします。

この担当者がいる店舗のページ
  • 親が亡くなった後の二世帯住宅の問題。親世帯の部...
不動産売却物語 不動産売却のヒント 不動産売却のご相談
不動産売却の手引き
電子ブックはこちら
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード
ご相談
お問合せ
無料査定