土地や空き家のこと2021.07.01

土地の買取はできるの?手順とメリットデメリットが知りたい

マンションや一戸建ての売却ではなく、土地だけの売却を行うとしたらどういった方法があるのでしょうか。
一般的に売却の際には、不動産買取と仲介といった二種類の方法がありますが、今回は土地を買取に出す際の手順やメリット、デメリットについてご紹介していきます。

不動産買取が持つ特徴を一挙公開

一般的には、売却を行う際、土地であっても建物であっても仲介を選ぶ方がほとんどです。
しかし、何か事情があって買取を利用したいという方もゼロではないので、こちらで不動産買取の特徴について詳しく見ていきましょう。

条件が悪い土地でも買取可能

仲介の場合は、綺麗な形をしている土地だったり、小さすぎず大きすぎない、ちょうど良いサイズの土地でないと売却が難しいことがよくあります。
もちろん、綺麗な正方形や長方形をしているほど高値で買い取ってもらえますし、居住用にするには需要も高いとされるので、すぐに買い手が見つかるでしょう。
しかし、形、大きさ、立地などそれぞれの土地が持つ個性は様々なので、全ての土地が思い通りの金額で売却できるかというとそういうわけではないのです。
何か一つでも条件が悪い項目があると、その時点で需要が薄まってしまい、買い手が見つかりにくい状況になります。
不動産買取では、そういった懸念を持つことなく、多少条件が悪い土地でも買取可能であることが多いので、相談してみる価値はあるでしょう。

ハザードマップで問題がある場所でも買取可能

昨今の自然災害の影響もあり、不動産を購入する時にハザードマップを確認する方も多くなっていますが、ハザードマップ上でどのような問題があるかという点は非常に重要です。
例えば、土砂災害警戒区域や、浸水被害警戒区域などにかかっている場合、仲介で売却を依頼してもなかなか買い手が見つからないことがあります。
こういった懸念材料がある際にも、不動産買取であれば対応してもらえることがあります。

すぐに現金化できる

不動産会社が直接土地を購入するので、すぐに現金化できるのが最大のポイントです。
仲介の場合は、買主が見つかり、契約に至ってやっと現金化できますが、それまでに長ければ数ヶ月もの月日がかかることが予想されます。
離婚や相続、失業などによってすぐに現金が欲しい方は不動産買取を選んだ方が安心です。

市場価格の80%の価格にしかならない

比較的メリットが多い不動産買取ですが、土地を売却する際には市場価格の80%程度の価格にしかならないケースが多いと言われています。
なので、「高く売りたい」という希望を持っている方は仲介を選んだ方が良いかもしれません。

土地買取の具体的な手順を紹介

土地を不動産買取に出したいと考えている方は、具体的にどのような手順で行われるのかを知っておいた方が安心です。
こちらでは土地買取の具体的な手順についてご紹介しますので、これから買取をお考えの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

自分で相場を調べる

自分の保有している土地がどのくらいの価格なのかという点を事前に調べておくと、悪質な不動産会社に騙されるリスクも低くなります。
インターネット上には無料査定サイト、土地総合システム、レインズ・マーケット・インフォメーションなどの、価格相場を調べるサイトが存在します。
具体的な使い方は割愛しますが、どれも初めて使う方でも簡単に結果が分かるようになっています。

不動産会社に査定を依頼する

次にどの不動産会社に査定を依頼するかを決めるのですが、実はこの作業が一番重要です。
不動産会社はコンビニを超える数で存在していると言われているため、それぞれの不動産会社の特徴を知った上で依頼しないと、後からトラブルになってしまう可能性もあります。
中には悪質な業者も存在し、相場よりもかなり安い価格で買い取られてしまうケースもありますので、一社だけではなく複数の業者に査定依頼を出すのがおすすめです。
また、インターネット上で良さそうだと感じても、実際に会ってみると何か引っかかるところがあるといった業者も多く存在します。
査定を依頼する際には、あなた自身が「この業者なら大丈夫そう」と納得できる業者に依頼しましょう。

査定額の根拠を聞く

査定を行ってもらい査定額を算出されると、その結果に対して満足もしくは不満足な方もいらっしゃるでしょう。
もちろん高ければ高いほど嬉しい結果と言えますが、逆に相場からかなりかけ離れているくらい高い価格を表示されても不審に感じられます。
価格の根拠を聞いたり、腑に落ちないところがある場合は根拠を聞いておきましょう。

売買契約を締結する

無事に査定額にも納得でき、「この不動産会社に依頼しよう」と決めたら売買契約を締結し、晴れて売却が決定したということになります。

決済後引き渡しをする

決済が完了したら、そのまま不動産会社に引き渡しをして一連の流れは完了します。
最短3日ほどで売却できる可能性もあるので、仲介に比べるとかなりスピーディーであると言えますね。

早く確実に売りたいなら不動産買取を

土地を早く処分したい、売却したいと思っている方は多くいらっしゃると思います。
「早さ」を重視するのであれば、不動産買取を選んだ方が良いですし、条件が悪くても危惧する必要がないのが嬉しいポイントですね。

家を売るなら不動産売却相談 家を売るなら不動産売却相談
  • プロに聞きたい!収益物件の最適な売却のタイミン...
不動産売却の手引き
PDFダウンロード
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード