不動産査定について2021.02.22

不動産鑑定と不動産査定の違いとは?利用シーンや費用、流れも解説

こんにちは!
イエステーション北章宅建 後志店の梅津です。

建物や土地などの不動産を売却する際にかならず通るステップである不動産査定。
不動産がどのくらいの価格で売れるのか判断することなのですが、似たような言葉で「不動産鑑定」というものがあることはご存知ですか?

不動産鑑定も不動産の価値を判断するものなのですが、不動産査定とは目的や利用シーンがちょっと違います。

今回は似ているけどちょっと違う、不動産鑑定と不動産査定について解説。
2つの違いや利用場面、査定と鑑定をお願いする流れなどを紹介します。

ミニチュアの家を虫眼鏡で調べるビジネスマン

 

不動産鑑定と不動産査定の違いとは?

不動産鑑定と不動産査定。
名前も似ていますし、どちらも不動産の価値を判断するものです。

しかし、2つは全く別のものです!

不動産鑑定とは

国家資格である不動産鑑定士によって不動産の適正な価値を算出してもらうもの。
銀行や税務署といった第3者へ不動産の価値を証明する際に、不動産鑑定が必要となります。

 

不動産査定とは

不動産がどのくらいの価格で売れそうかを、不動産会社に判断してもらうことです。
売却しようと思ったときに、まずは不動産会社へ査定をお願いすることになるでしょう。

 

それでは、さらにそれぞれの内容について詳しく見ていきましょう。

 

不動産鑑定はいつ必要?費用や期間、鑑定までの流れ

不動産鑑定が必要となるのは、こんな場合です。

  • 相続
  • 離婚時の財産分与
  • 法人による不動産売買

不動産鑑定の結果は相続や財産分与、納税などの公的な手続きに使えます。

不動産鑑定が必要となるケースで多いのは、相続や離婚での財産分与。
平等に財産を分けるために、不動産の適正価値を確認するためです。
相続税を払う場合にも財産総額を把握しなくてはいけないので、不動産鑑定が必要となります。

また、法人が不動産売買をしてその費用を経費とするためにも、不動産価格が適正だったことを証明するために必要です。

不動産鑑定は国家資格を有する不動産鑑定士に依頼します。
見積もりを確認して納得がいけば鑑定を申し込み、物件の詳細資料などを提出します。
不動産鑑定士は不動産の資料と現地調査をもとに、鑑定評価書を作成します。

不動産鑑定にかかる費用は10万円~数十万円で、鑑定士事務所の料金体系や不動産の評価額によっても異なります。
かかる期間は2週間から1ヵ月程度で考えておくと良いでしょう。

 

不動産査定はいつ必要?費用や期間、査定までの流れ

家とタブレットを持つビジネスマン

不動産査定は、不動産を売却する際に必要となるものです。
不動産がどのくらいで売却できるのかを確認すると同時に、仲介を依頼する不動産会社を選ぶ材料のひとつにもなります。

不動産査定には物件情報と過去のデータを照らし合わせて査定価格を出す机上査定と、実際に現地調査を行って査定価格を出す訪問査定の2種類があります。

インターネット上で情報を打ち込んで複数の不動産会社から一括で机上査定を受けられる、一括査定サイトなどもあります。
訪問査定では不動産会社の調査員が実際に物件や周辺環境を確認したうえで、査定額を判断します。

査定にかかる時間は、机上査定で1日~2日程度、訪問査定なら1週間程度で査定結果が出ます。
査定は不動産会社の営業の一環ですので、費用はかかりません。

通常の不動産売却で依頼するのは不動産査定で問題ありませんよ。
査定価格に納得がいけば、不動産会社に仲介を依頼して不動産売却をスタートさせましょう。

不動産売却時の査定については、こちらのコラムでも詳しくご紹介していますので、参考にしてみてくださいね。
家の査定で高く売るコツ!タイミングや注意点は?
家を売却する際の不動産査定。3つの計算方法を解説!

 

まとめ

・不動産鑑定と不動産査定の違いとは
不動産鑑定は不動産鑑定士に不動産の適正な価値を算出してもらうもので、不動産査定は不動産会社に不動産がどのくらいで売れそうかという価格を出してもらうものです。依頼先やかかる費用、必要な場面などが異なります。

・不動産鑑定が必要なのはどんなとき?
不動産鑑定が必要となるのは相続や離婚での財産分与など、不動産の適正な価値を確認する必要があるときです。不動産鑑定士による鑑定書は公的な手続きで裁判所などへ提出することも可能。鑑定依頼には10万円以上の費用がかかり、2週間から1ヵ月程度の時間がかかります。

・不動産査定が必要なのはどんなとき?
不動産査定は不動産を売却する際に不動産会社へ依頼するものです。物件情報と過去データから算出する机上査定と、実際に現地調査をして算出する訪問査定の2種類があります。どちらも無料で依頼でき、机上査定は1~2日、訪問査定は1週間程度の時間がかかります。

 

北章宅建は、不動産に関するご相談を全て無料で対応しています。
空き家に関する相談や無料査定、相続問題など、どんなことでもお気軽にご相談ください!

家を売るなら不動産売却相談 家を売るなら不動産売却相談
著者
不動産鑑定と不動産査定の違いとは?利用シーンや費用、流れも解説

後志店 梅津 大樹小樽生まれ、小樽育ちです。 自身で不動産購入と売却を行った経験もあり、売りタイ方・買いタイ方のお気持ちに寄り添ったご提案をできればと思い、日々活動しております。今後はより一層地域に密着して活動して参ります。 不動産のお困り事は、私、梅津にお任せ下さい。

この担当者がいる店舗のページ
  • 土地、空き地を有効活用!その2〜自己活用8つの方...
不動産売却の手引き
PDFダウンロード
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード