Vol.091小樽店

借地上に建っている家の処分方法について。

【お客様の背景】
■売買の別:売却
■氏名:H様
■年代:50代
■ご職業:会社員・公務員
■お住まいの地域:札幌市
■ご相談の地域:小樽市東部
■売却理由:相続
■お問合せ方法:ネット

【ご相談内容】

親が住んでいた家があるが、土地は別の方が所有していて借地として利用していました。
親が亡くなり、自分が処分をしなければいけないが、どうしたら良いか。

【ご提案した解決策】

基本的には借地上の建物を売買する場合は地主様の許可が必要になります。
また土地を返却する際は更地にして返却するのが、一般的です。
その場合は解体費用(100万~150万程)の負担が発生します。
当社が提案した方法は
1.地主様の許可を得て、借地上建物として販売活動を行う。ただし近年の小樽市の不動産売買では借地上建物の売買は少なく、そういった風習が薄い地域であるため、成約しずらくまた、価格も安くしないと決まりません。
2.地主様の許可を得て、上物だけ当社で買い取らせていただく。当社は不動産会社ですので、売買することも可能ですし、賃貸運用もできます。
3.地主様がご納得された場合、土地も建物も当社にて買い取らせていただく。
もちろん価格が折り合えば・・・。という話になりますが、解体して更地にしたところで、立地条件等も考えると土地としての処分も難しいという地域でした。
上記ご説明の上、地主様の承諾も無事に得られ、土地建物共に当社にて買い取らせていただくことになりました。
もちろん当社にも買取できる物件、また出来ない物件はございますが、一般的に処分が難しい物件でもご相談いただければと思います。
著者
借地上に建っている家の処分方法について。

小樽店 柴田 朋也健康には自信があります。平成24年より不動産業に従事しており、まだまだ勉強中の身ではありますが、持ち前の体力で日々向上心を持ちお客様と向き合い成長していきたいと思っております、お客様に満足していただけるサービス提供を心がけ仕事に打ち込みます。

この担当者がいる店舗のページ
  • 引越を先にした場合の空家の管理と住替え先の費用...
不動産売却の手引き
PDFダウンロード
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード