Vol.280後志店

長期間賃貸中の不動産についての売却相談

【お客様の背景】
■売買の別:売却
■氏名:S・Y 様
■年代:50代
■ご職業:専業主婦

■お住まいの地域:埼玉県越谷市
■ご相談の地域:余市郡仁木町
■売却理由:資産処分
■お問合せ方法:ネット

【ご相談内容】

ご実家が仁木町にあり、高齢の親御さんが1人暮らしをしている。いずれ施設に入所する事も考えているが、ご実家とは、別に、賃貸中の住宅があり、数十年間賃貸しているため、家屋も老朽化が進んでおり、処分する事を検討している。

【ご提案した解決策】

入居者の方への売却、もしくは、賃借人付きのまま第3者へ、オーナーチェンジ物件として売却する方法をお勧め致しました。

 

入居者への売却手順
まずは、長期間お住まい頂いている入居者の方へ、購入を打診します。入居者の方にとっては、購入する事で、家賃の支払いもなくなり、土地建物が財産になりますので、その点でメリットがあります。しかし、築古で老朽化が進んでいる場合は、購入後のメンテナンスや維持管理の費用が、過大に発生する可能性もあるため、購入を見送る入居者の方も多いのが実事情です。

 
【担当営業として大切にした要点】

住宅の賃貸借は、借地借家法という法律が定まっており、賃借人が手厚く守られる制度があります。貸主であるからといって、無理に入居者の方を追い出すという事はできませんので、まずは、基本的なルールをお伝えした上で、次のご提案をさせて頂いております。

著者
長期間賃貸中の不動産についての売却相談

後志店 梅津 大樹小樽生まれ、小樽育ちです。 自身で不動産購入と売却を行った経験もあり、売りタイ方・買いタイ方のお気持ちに寄り添ったご提案をできればと思い、日々活動しております。今後はより一層地域に密着して活動して参ります。 不動産のお困り事は、私、梅津にお任せ下さい。

この担当者がいる店舗のページ
  • 相続した一戸建を冬までに手放したい。何から手を...
不動産売却の手引き
PDFダウンロード
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード