Vol.235後志店

不動産売却で一番大切な事は何か。

【お客様の背景】

■売買の別:売却
■氏名:A・W 様
■年代:40代
■ご職業:会社員・公務員

■お住まいの地域:札幌市中央区
■ご相談の地域:余市町入舟町
■売却理由:お住み替え
■お問合せ方法:ネット

【ご相談内容】

両親との同居のため、余市町内の自宅の売却を検討。
札幌圏への引っ越しにつき、物件がある地元の不動産会社に頼むべきか、転居先の近くの不動産会社に頼むべきか。分からない事も多いため、売却について教えて欲しい。

【ご提案した解決策】

売却不動産からの物理的な距離が近い、地元企業である弊社での売却をお勧め致しました。
Q. 物件の売主である皆様と、販売前にお打合せする回数は何回だと思われますか?
A. 平均2~3回程度(初回査定、募集契約の締結)
お客様の大切な不動産の売却を任せる会社ですから、慎重に選ぶ必要がありますし、何かあった時でもすぐに担当営業と直接会って話せる距離の方が、皆様にとっては安心できる不動産会社と感じるかもしれません。
もちろん信頼関係は大切です。その上で一番大切な事は「適正価格での売り出しと、売れない場合の価格改定」「継続した広告掲載活動」そして「1件でも多く物件へのご案内をし、成約の可能性を高める」という事に尽きます。
売主様のお住まい近くの不動産業者さんは定期的な売主様訪問・販売状況の報告はまめにできても、物件から遠い場合は何かと不便な事もあり、成約に結び付く活動は行いにくい可能性がございます。

【担当営業として大切にした要点】

不動産の売却時に多くの方が直面する「どのように不動産会社を活用するか」「どのような不動産会社を利用するべきか」というポイントについて、本記事をご活用頂き、ご一考頂けますと幸いです。

著者
不動産売却で一番大切な事は何か。

後志店 梅津 大樹小樽生まれ、小樽育ちです。 自身で不動産購入と売却を行った経験もあり、売りタイ方・買いタイ方のお気持ちに寄り添ったご提案をできればと思い、日々活動しております。今後はより一層地域に密着して活動して参ります。 不動産のお困り事は、私、梅津にお任せ下さい。

この担当者がいる店舗のページ
  • 親が住んでいたマンションを売却したい。
不動産売却の手引き
PDFダウンロード
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード