Vol.301小樽店

空き家を相続したが遠方で管理が出来ず、使用しないため冬までに手放したい

【お客様の背景】
■売買の別:売却
■氏名:T・S 様
■年代:40代
■ご職業:会社員・公務員

■お住まいの地域:札幌市
■ご相談の地域:小樽市西部
■売却理由:相続
■お問合せ方法:ネット

【ご相談内容】
札幌在住の息子様からのお問い合わせ。母が元々住んでおりましたが、亡くなったため売却できればと思っております。

仕事もあり、空き家の管理が出来ないため、冬までには何とか売却できればと思っておりますが、あまりにも安いようであれば、思い入れもあるため売却はしたくないです。

【ご提案した解決策】
春先にご相談を頂いたのですが、冬まではお時間がございましたので、仲介での売却活動をご提案しました。

まずは弊社で査定をさせて頂き、金額をご提示しました。査定金額をご覧頂いた上で、売主様のご希望金額から販売活動をスタートし、反響が少なければ価格を変更、冬までにお打合せを重ねながらご成約になるように売却活動を進めていきましょうとご提案しました。
その後2か月ほどで買主様が見つかって無事にご成約となり、売主様も大変喜んでおられました。

【担当営業として大切にした要点】
遠方にお住まいで管理が出来ない、なおかつご希望の売却金額があるという事をお伺いしておりましたので、都度販売の状況をご報告させて頂きながら売却活動を進めていくように心がけました。

著者
空き家を相続したが遠方で管理が出来ず、使用しないため冬までに手放したい

小樽店 枝久保 良太平成27年4月より入社致しました。日々勉強して一生懸命頑張らせていただきます。 父母が小樽市内で商売を行っており、昔からこの街には馴染みがあります。2017年に地元に住宅を購入し、よりお客様の気持ちに寄り添いたいと改めて思います。小樽は海と山が近くにあり、自然が多い所が魅力です。 大学時代はサッカーをやっており、冬はスキーを楽しんでいました。これからも休日などに続けていけたらなと思っています。 北章宅建株式会社をこれからも宜しくお願いします。

この担当者がいる店舗のページ
  • 遠方に住む兄弟で相続予定の戸建てを売却したい。
不動産売却の手引き
PDFダウンロード
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード