Vol.986小樽店

父が亡くなり小樽の実家を相続したが、売却したい。

当社にて直接買取

【お客様の背景】
■売買の別:売却
■氏名:T・T 様
■年代:70代
■ご職業:無職
■お住まいの地域:千葉県
■ご相談の地域:小樽市
■売却理由:資産処分
■お問合せ方法:インターネット

【ご相談内容】
私自身は千葉県に住んでいますが、小樽に実家があります。数か月前に父が亡くなり実家を相続したのですが、使う予定がなく遠方で管理もできないため、売却したいと考えています。室内には父が暮らしていた時のまま荷物もたくさん残されており、どうしたらよいか教えてもらいたいです。家が傷んだりする前にすぐに手放してしまいたいので、もし可能であれば買取して欲しいと思います。

【ご提案した解決策】
現地を確認してみると、流通性がある立地で事件・事故もないお住まいでした。内外装は手直しが必要でしたが、リフォームすればまだまだ使用可能であると思われましたので、当社で買取することをご提案しました。また家の中に残っていたお荷物も当社で処分するので、そのまま置いておいて構いませんと伝えました。
荷物撤去の問題でお悩みの声は多く寄せられますが、当社ではグループ会社に片付けの部門があるため対応が可能です。特に物件の所有者様が遠方にお住まいの場合、現地へ出向いて荷物を片付けるのは物理的に難しいのではないでしょうか。今回も本州在住の売主様でしたので、手間をかけずに荷物ごと家を手放すことができて、大変喜ばれました。

【担当営業として大切にした要点】
今回は売主様が遠方にお住まいで早く手放したいということで、ご本人が買取を希望されていましたが、私の判断でも買取が一番かと思いました。お父様が暮らしていた大切なご実家のため、手続きを進めるにあたっては、なるべくお客様のご要望に沿うように動きました。

著者
父が亡くなり小樽の実家を相続したが、売却したい。

小樽店 小林 康之不動産業に携わる者として公正で安全な取引を心がけ、お客様の立場に立って最善の方法をご提案いたします。 一緒に住まいの華を咲かせましょう。

この担当者がいる店舗のページ
  • 投資用で購入した真狩村の不動産、テナントの退去...
不動産売却物語 不動産売却のヒント 不動産売却のご相談
不動産売却の手引き
電子ブックはこちら
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード
ご相談
お問合せ
無料査定