Vol.443岩見沢店

意思確認が取れないお母様ご所有の家を売りたい。

【お客様の背景】
■売買の別:売却
■氏名:I・Y様
■年代:50代
■ご職業:会社員・公務員

■お住まいの地域:岩見沢市
■ご相談の地域:岩見沢市
■売却理由:相続
■お問合せ方法:飛び込み来店

【ご相談内容】
母が入院したため実家が空家になっております。ここ数年間は雪の管理や掃除など、空家でも手入れをしていたのですが、今年の雪でとうとう屋根が壊れてしまいました。それをきっかけに売る決心がついたので、査定をお願いしたいです。
出来れば買取してほしいのですが、築年数が相当経っているお家でも買取可能なのでしょうか。

【ご提案した解決策】
まずはお母様の意思確認が必要になる旨をお伝えさせて頂きました。親族であってもご所有者本人様でなければ家を売ることは出来ません。意思確認が取れない場合は裁判所による成年後見人の審判が必要となります。今回はこちらのケースに該当しますので、当社提携の司法書士をご紹介し手続きする流れとなりました。
売主様の中には、お元気なうちに次の世代へ不動産を譲り渡そうという考えから、生前贈与される方もいらっしゃいます。
査定は買取、仲介販売の両方で価格を算出させて頂きました。その結果、売主様は仲介販売を選択された為、物件の広告を出して一般の買主様を探すこととなりました。続いて売り方のご提案ですが、建物の築年数や破損を考えると、解体して土地で販売した方が良いのではとお勧めしました。

【担当営業として大切にした要点】
実勢価格や路線価をもとに、ありのままの土地の価格をご提案させて頂きました。
解体費も上がっている為どうしても手取り金額が少なくなる場合がございますが、それでも正直に適正と思われる査定価格をご提示しました。
忖度して不適正に高額な金額を出すよりも、誠実に対応することにより、売主様ご希望の早期売却を目指すことを大切にいたしました。

著者
意思確認が取れないお母様ご所有の家を売りたい。

岩見沢店 鈴木 良幸不動産の売買はお客様の人生を左右する重要な出来事です。 ご縁のあったお客様お1人お1人に、誠心誠意の気持ちで最大限の努力を尽くします。 岩見沢店にお立ち寄りの際はお声をかけて頂けると大変嬉しく思います。 どうぞよろしくお願いいたします。

この担当者がいる店舗のページ
  • 相続した不動産を手放したいが、家があるままで売...
不動産売却の手引き
PDFダウンロード
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード