Vol.291小樽店

相続した親の家を荷物が片付いたので手放したい。

【お客様の背景】
■売買の別:売却
■氏名:M・Y 様
■年代:60代
■ご職業:会社員・公務員

■お住まいの地域:小樽市西部
■ご相談の地域:小樽市中心部
■売却理由:相続
■お問合せ方法:ネット

【ご相談内容】

小樽市にある戸建住宅に母親が一人で住んでいたのですが、亡くなり相続をしたので売却を検討しています。他社に聞いたところ高台の立地や前面道路が私道であることなどから取り扱いができないと断られ、弊社を紹介されてお問い合わせをいただきました。

【ご提案した解決策】

たしかに立地として小学校が統廃合され需要が少ない地域でした。しかし、私道は小樽ではごく当たり前で、駐車場もあり、建物は古いですが手直しすればまだ使えると感じました。また、最近小樽市内も物件が不足しており販売価格も高めで推移していたことから、建物を解体せずそのまま売り出しすることをご提案しました。売却に関するアドバイスとしては売主様には簡単なお掃除をお願いをしただけで、売り出してから1週間で成約になりました。後で聞いた話ですが、実はもう1社、別の不動産会社にも聞いていたのですが、弊社の査定より100万円くらい安かったそうです。

【担当営業として大切にした要点】

小樽市内の担当地域を日々営業をしていることから、担当エリアで物件をお探しになっているお客様の目線で売主様へ最適な販売方法を提案することができます。市場の動向にも精通しており的確なアドバイスができる点は、小樽市外の会社様はもちろん市内の同業他社様よりも担当エリアを熟知しているからこそだと思います。

著者
相続した親の家を荷物が片付いたので手放したい。

小樽店 小林 康之不動産業に携わる者として公正で安全な取引を心がけ、お客様の立場に立って最善の方法をご提案いたします。 一緒に住まいの華を咲かせましょう。

この担当者がいる店舗のページ
  • 現在貸しているアパートの管理が大変なので、売却...
不動産売却の手引き
PDFダウンロード
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード