Vol.507小樽店

母が施設に入り、一軒家に一人だと広すぎるのでマンションに買い替えたい。

当社にて仲介販売

【お客様の背景】
■売買の別:売却
■氏名:Y・K様
■年代:50代
■ご職業:会社員・公務員
■お住まいの地域:小樽市
■ご相談の地域:小樽市
■売却理由:お買い替え
■お問合せ方法:ご紹介

【ご相談内容】
母と二人暮らしでしたが母が施設に入り、一軒家に一人だと広すぎるのでマンションに買い替えたいですが、どのように進めたら良いか教えて欲しいです。まず進め方として売る・買うのどちらが先か、家の中の荷物すべてを持ち出すことはできないのでどうしたら良いか、汚れや傷んだ内装はそのままで良いのかなど、わからないことばかりで困っています。

【ご提案した解決策】
まず資金計画から始めたところ、ご自宅の住宅ローンは完済されていました。また、まとまった額の現金をお持ちでしたので、先に買い替え先を購入し、それからご自宅を売却したお金で資金を回収するという流れを打合せしました。
購入条件が厳しいこともあり市内のマンションのなかでも物件が限られる状況でしたが、タイミング良く当社へ売却の依頼が入り、そのままインターネット公開する前の物件を、今回のお客様は購入することができました。
売却については、購入者が好みのリフォームをするだろうと考え内装はそのままにし、荷物撤去だけして売りに出すご提案をさせていただきました。荷物撤去も弊社のグループ会社をご紹介し、スムーズに行うことができました。ほどなく購入者が見つかり、マンション探しからご自宅の売却までトータル6カ月程度で全て完了することができました。

【担当営業として大切にした要点】
我々不動産業者からしますと日々行なっている手続きでも、お客様にとって不動産の売却・購入というのは非日常の出来事です。疑問、質問、わからないことだらけなのは当然です。一つ一つ丁寧にお話をお聞きし、お住み替えの段階の途中でも、ご不明点が出てきた際にはすぐにお聞きになれるよう留意しながら対応させていただきました。

著者
母が施設に入り、一軒家に一人だと広すぎるのでマンションに買い替えたい。

小樽店 小林 康之不動産業に携わる者として公正で安全な取引を心がけ、お客様の立場に立って最善の方法をご提案いたします。 一緒に住まいの華を咲かせましょう。

この担当者がいる店舗のページ
  • 引っ越し予定のため、冬が来る前に今住んでいる物...
不動産売却物語 不動産売却のヒント 不動産売却のご相談
不動産売却の手引き
電子ブックはこちら
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード
ご相談
お問合せ
無料査定